中央電設株式会社

阪急阪神東宝グループ

先輩メッセージ

長い工期を通して、100人に及ぶスタッフのモチベーションを維持

ニーズの反映を心がけ、図面作成から施工管理までを担当

ビル、工場、学校、病院といった施設について、電気関連の施工管理を担当しています。まずはお客さまとの打ち合わせをベースに、要望を最大限反映した施工図面を作成します。工事がスタートすれば、図面に沿って施工が進んでいるか、安全に関する決まりごとが遵守されているかなどをチェック。予算内でおさまるよう、現場の動きと照らし合わせて原価を管理するのも仕事のうちです。工期は半年~1年、大規模なものでは2~3年かかります。作業時間が異なるなど現場ごとの特性に、対応していく柔軟さも求められます。

予定通りスムーズに進み完成した姿に喜びを感じます

どの案件も、携わるスタッフが100人を超えるスケール感の中で、協力会社さんごとに取り組み方もそれぞれという難しい状況下にあります。施工を予定通りスムーズに進めるには、現場のモチベーションをキープすることが大切ですが、それも私の力量次第です。スケジュールがタイトになってきたら協力会社さんに状況を知らせるなど、早めの行動を心がけています。長い工期を終えて完成したときは、ほっとしますね。さらに、建物が無事に稼働して、機能している姿を見ると、喜びがこみ上げます。

尊敬しあえる人と仕事をして、よりよいものを作っていきたい

初めて私だけで施工管理を担当した時、現場のことは理解していたつもりでしたが、いざやってみると越えなければならない壁がたくさんありました。そのぶん、働いているという実感もより大きくなったように思います。これからの目標は、先を見据えることができたり、私とは違う考えを持った方に刺激を受けながら仕事をしていくことです。多彩な方々と取り組むことによって、よりよいものを作っていけるのではと感じています。

PROFILE

宇都宮 正仁
Masato Utsunomiya

本店 工事第一部第一工事課
2004年入社
工学部電気電子システム工学科卒

電気電子システム工学の学びを活かし、施工管理に取り組む。お客さまの声に耳を傾け、できるかぎり希望に沿った設計を目指している。

入社の決め手

理系分野の学びを活かせる企業に絞って就活していたところ、大学の就職担当者に太鼓判を押されたのが中央電設でした。阪急阪神東宝グループという安心感も大きかったですね。入社前はまだ、どんな仕事をするのか十分に把握できてはいなかったものの、モノづくりに取り組み、形にしていく仕事ができればと考えて入社を決めました。

中央電設の魅力

自分の裁量で現場を管理し、のびのびと働ける環境が魅力です。私の場合は6~7年目から責任者として現場を任され始めました。お客さまとの接し方、効率のよい施工の進め方など、経験を積む中で学んでいくことがたくさんあります。任されるからこそ、試行錯誤しながらじっくり成長できたという実感がありますね。

PAGE TOP

Copyright (c) CHUO DENSETSU CO.,LTD. All Rights Reserved.